WordPress有料テーマThe THORとDiver【どっちが良いか?徹底比較】

WordPress有料テーマThe THORとDiver【どっちが良いか?徹底比較】

この記事は有料WordPressテーマDiverとThe THORを徹底比較している記事です。

The THORとDiverって人気のWordPressテーマって聞くけど、どっちがいいの?

有料のWordPressテーマを選ぶ時に、DiverとThe THORは必ず候補に上がると言ってよいほど、人気のテーマです。

ルッツ

ルッツ

しかしデザイン面も機能面も似ていて、どっちを選べばいいのか?迷ってしまう方も多いです。

そこでこの記事では有料WordPressテーマDiverとThe THORの違いを徹底比較していきます。

デザイン面やSEO対策、表示スピードからサポート体制まで違いを具体的に解説していきます。

有料WordPressテーマThe THORとDiverの違いを徹底比較

まず最初にTheTHORとDiverの違いを、一覧で解説します。

The THORとDiver比較
The THOR Diver
イメージ

発売開始

2018年

2017年

価格

16,280円

14,980円(4月30日まで期間限定)

デザイン

着せ替え機能搭載

標準的な設定

SEO対策

見える化システム搭載

canonicalの設定可能

表示スピード

AMP・PMA対応

軽量化・圧縮技術搭載

レスポンシブ対応

対応済み

対応済み

CTA

複数作成可能

スクロール連動可能

ランディングページ

作成可能

作成可能

共通コンテンツ

作成可能

作成可能

サポート体制

フォーラム形式

メール形式

ルッツ

ルッツ

このように似ているところも多いですが、違いもあります。

そこで、多くの人が気になるデザインやSEO対策、表示スピードやサポート体制を重点的に違いを比較していきます。

有料WordPressテーマThe THORとDiverのデザインを比較

WordPressテーマThe THORとDiverはどちらも癖がないデザインで、ブログから企業サイトまで幅広く使えます。

ルッツ

ルッツ

クールな印象のデザインなので、ユーザーに安心感を与えられるでしょう。

デザイン自体は似たような感じなので、そのデザインの設定が簡単なのか?難しいのか?で違いを比較していきたいと思います。

The THORのデザインは9種類のデモリストから選べる

The THORのデザインは9種類のデモリストから選べる
TheTHORのデザイン着せ替え機能は非常に手軽

WordPressテーマThe THORは、デザイン着せ替え機能を搭載しています。

9種類のデモリストから好みのデザインをダウンロードして、設定するだけでデモサイトを再現できます。

ルッツ

ルッツ

デザイン着せ替え機能はThe THOR独自の機能で、デザインを手軽に終わらせたい人におすすめです。

Diverのデザインは自分で柔軟に変更可能

Diverのデザインは自分で柔軟に変更可能
Diverは標準的なデザイン

Diverには、The THORのデザイン着せ替えのような機能はありません。

ルッツ

ルッツ

しかし簡易的に6つの種類から色を決めることが出来ます。

Diverのカラーカスタマイズ設定画面
テーマカラー設定は可能

The THORほどではありませんが、簡単にテーマカラーを設定できます。

ルッツ

ルッツ

背景色からボタンカラー、メニューやヘッダーなど非常に細かく設定可能です。

そのため自分で細かく色を設定したい人に向いていると思います。

デザインの手軽さではThe THORが優れている

ルッツ

ルッツ

デザインの手軽さではThe THORが優れているように感じます。

デモリストの中から好みのデザインをダウンロードして、設定するだけなので非常に手軽です。

一方手軽さでは劣りますが、Diverは非常に細かく設定が可能なので好みに合わせてデザインが可能です。

ポイント
  • The THORもDiverも癖がなく、使いやすいデザイン
  • The THORは着せ替え機能で設定が手軽
  • Diverは細かく設定して好みに合わせられる

有料WordPressテーマThe THORとDiverのSEO対策を比較

WordPressテーマThe THORもDiverも基本的なSEO対策が施されているので、安心して利用することが出来ます。

ルッツ

ルッツ

しかしSEO分析やディスクリプションの設定等で違いがあります。

そこで分析力やディスクリプションの設定力の違いを詳しく比較していきます。

The THORのSEO対策は分析ツールが優れている

TheTHORのSEO対策は分析ツールが優れている
The THORのSEO分析力は高い

The THORには『見える化システム』が搭載されています。

見える化システムの詳細
  1. 総合閲覧数
  2. 平均閲覧数
  3. タイトル文字数
  4. 本文文字数
  5. タイトル内キーワード数
  6. 本文内キーワード数
  7. 内部リンク数
  8. 外部発リンク数

この部分を確認することで、閲覧数が少ない記事を積極的にリライトしたり内部リンクを追加することが可能になります。

DiverのSEO対策は設定項目が多い

Diverは、The THORのような見える化システムは搭載していません。

ルッツ

ルッツ

その代わりプラグイン不要でcanonical設定可能で、タイトルタグにサイトタイトルを付けるかどうか?も設定できます。

DiverのSEO設定画面

canonicalを有効活用すると、重複コンテンツを避けることが可能です。

またGoogleに表示される記事タイトルの後にサイト名を表示するかどうか?もクリック一つで設定できます。

つまりSEO対策もDiverは細かく設定できる点が特徴と言えます。

SEO対策はThe THORの機能が優れている

基本的なSEO対策と、作成したコンテンツの分析力を考えるとThe THORの方が優れていると感じます。

外部ツールを利用せずに閲覧数や内部リンクの数等を把握出来るので、リライト記事改善の効率化に繋がります。

一方でDiverは細かく設定ができるので、より深くSEO対策を行いたい人に向いています。

ポイント
  • The THORもDiverも基本的なSEO対策は施されている
  • The THORはSEO分析力が優れている
  • DiverはSEO設定力に優れている

有料WordPressテーマThe THORとDiverの表示スピードを比較

The THORとDiverの表示スピードはどちらも高速で、パッと表示されます。

ルッツ

ルッツ

どちらを利用しても、表示スピードで迷うことは少ないでしょう。

具体的な高速化技術の違いと、個人的に表示してみた時に感じた違いを比較していきます。

The THORのスピードは早いがアイコン表示が遅め

The THORは、最先端の高速化技術を搭載しています。

高速化技術の一覧
  • AMP
  • PMA
  • gzip圧縮転送
  • CSS非同期読み込み
  • 画像遅延読み込み
  • キャッシュ機能

このように、多くの高速化技術を搭載しています。

ルッツ

ルッツ

しかし実際に表示してみると、若干スムーズさに欠ける印象もあります。

個人的な感覚ですが、パッと表示されますがアイコン等が一歩遅れて表示されます。

若干スムーズさに欠けるかな?とは思いますが、最先端の高速化技術を搭載しているので、気にしなくても良いかもしれません。

Diverのスピードはスムーズな表示

Diverは信頼と実績のある高速化技術を搭載しています。

Diverの高速化技術
  • AMP
  • サイトの軽量化
  • CSSの圧縮処理
ルッツ

ルッツ

最先端ではありませんが、実績のある高速化技術が搭載されています。

表示した時にスムーズにアイコンや画像が表示されるため、違和感の無く表示されます。

The THORほどの高速化技術は搭載していませんが、安定して早く動作している印象です。

最先端の高速化技術を搭載しているのはThe THOR

The THORとDiverを比較すると最先端の高速化技術を搭載しているのはThe THORです。

AMPやPMAに加えて、gzip圧縮転送、CSS非同期読み込み、画像遅延読み込み、キャッシュ機能を搭載しています。

一方でDiverはAMP対応の他はサイトの軽量化、CSSの圧縮処理などの信頼と実績のある技術を搭載しています。

ポイント
  • The THORもDiverも表示スピードは早い
  • The THORは最先端の高速化技術を搭載
  • Diverは信頼と実績のある高速化技術を搭載

有料WordPressテーマThe THORとDiverのサポート体制を比較

The THORとDiverはどちらもサポート体制が整っています。

ルッツ

ルッツ

うまく動作しない!とか不具合が出た時に助かります。

ただし、詳しく見るとサポート体制に違いがあるので、詳しく比較していきます。

The THORのサポート体制はフォーラム形式

TheTHORのサポート体制はフォーラム形式
The THORのサポート体制

The THORはインストール終了まではメールサポートで、その後はフォーラム形式のサポートに移行します。

ルッツ

ルッツ

サポート体制としてメールサポートの方が個別に対応してもらえるので、手厚く感じます。

その点で、インストール後にフォーラム形式に移行してしまうのは残念なポイントです。

と言っても、フォーラムの中で答えが見つかれば、すぐに解決可能な時もあります。

Diverのサポート体制は無期限・無制限のメール形式

Diverは無期限・無制限のメールサポートが無料でついています。

ルッツ

ルッツ

困った時に個別に対応してもらえる安心感は非常に高いです。

実際に問い合わせをしてみましたが約20分後に返答を頂き、非常に早い対応でした。

WordPressテーマDiverにお問い合わせをした様子
返信が早くてサポート体制は充実

サポート体制の充実度ではDiverが一番優れていると感じます。

サポート体制はDiverの方が優れている

The THORとDiverのサポート体制の違いを比較すると、Diverの方が優れています。

The THORはインストール後はフォーラム形式に移行しますが、Diverは無期限・無制限のメールサポートです。

WordPress初心者の方や不安な方は、Diverを選んだほうが安心して利用できます。

ポイント
  • The THORもDiverも無料サポート有り
  • The THORはインストール後はフォーラム形式
  • Diverは無期限・無制限のメールサポート

WordPressテーマThe THORとDiverのどっちがいい?

The THORとDiverの違いを詳しく比較してきました。

ルッツ

ルッツ

違いを一覧でまとめると、下記のようになります。

The THORとDiver比較
The THOR Diver
イメージ

発売開始

2018年

2017年

価格

16,280円

14,980円(4月30日まで期間限定)

デザイン

着せ替え機能搭載

標準的な設定

SEO対策

見える化システム搭載

canonicalの設定可能

表示スピード

AMP・PMA対応

軽量化・圧縮技術搭載

レスポンシブ対応

対応済み

対応済み

CTA

複数作成可能

スクロール連動可能

ランディングページ

作成可能

作成可能

共通コンテンツ

作成可能

作成可能

サポート体制

フォーラム形式

メール形式

ルッツ

ルッツ

結局、どっちを選べばいいの?

と言うことで、タイプ別にThe THORとDiverが向いている人をまとめます。

The THORが向いている人

The THORが向いているのはデザインを手軽に設定できて、最先端の技術を搭載しているWordPressテーマを利用したい人です。

ルッツ

ルッツ

The THORはDiverよりも手軽に設定できる点が魅力で、SEO分析力に優れています。

そのため効率的なサイト運営をしたい人に向いているWordPressテーマです。

しかも設定が手軽なのに高速化技術やSEO対策に優れているので、安心して利用できる点が魅力です。

つまり設定などの手軽さを求める人にThe THORが向いていると言えます。

The THORが向いている人
  1. デザインの設定を手軽にしたい人
  2. 外部ツールを利用せずにSEO分析がしたい人
  3. 最先端の高速化技術やSEO対策済みのテーマを使いたい人

関連記事【WordPressテーマThe THOR】メリット&デメリットを徹底解説

\\高機能が満載のWordPressテーマ//

高速化対策やSEO対策済みなので安心して使えます。

Diverが向いている人

Diverが向いているのは、とにかく自分で細かく設定がしたい人です。

ルッツ

ルッツ

設定項目が多く、自分でサイトを作り込みたい人におすすめです。

設定項目が多いですが、ダッシュボードの『Diverオプション』という部分から一元的に設定が可能なので、難しいことはありません。

しかも困った時は無期限・無制限のメールサポートがあるので、安心感も高いです。

つまり、手軽さよりも自分でサイトを作り込みたい人に向いているのがDiverと言えます。

関連記事【WordPressテーマDiver】使って分かったメリット&デメリット

\\充実のサポートが魅力//

無期限・無制限のサポート体制が魅力です。

まとめ

有料WordPressテーマThe THORとDiverの違いを比較してきました。

ルッツ

ルッツ

The THORもDiverも非常に優れたテーマなので、使って不満に思うことは少ないでしょう。

その中で、より手軽なのはThe THORで、細かい設定が可能なのはDiverです。

以上を参考に、自分が目指すサイトと相性が良いWordPressテーマを選ぶのがおすすめと言えます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

人気記事【項目別】WordPressのおすすめ有料テーマ

関連記事