MENU
ルッツ
このブログの監修者
Webサイトの制作や集客を中心に活動するWebフリーランスです。

すぐ出来るSEO対策やアフィリエイトのやり方や、ブログを収益化するためのSEOやアフィリエイトを中心にWordPressの情報を詳しく解説します。

【WordPress】ブログに最適な画像サイズはどれぐらい?【圧縮してサイトを高速化する方法も】

【WordPress】ブログに最適な画像サイズはどれぐらい?【圧縮してサイトを高速化する方法も】

この記事はWordPressを利用したブログに最適な画像サイズを紹介している記事です。

ブログに利用する画像のサイズってどれぐらいなのかな?軽いほうがいいって聞くから圧縮する方法も知りたいな!

と言う疑問に答えます。

WordPressを利用したブログは自由度が高い反面、画像サイズとかどうすればいいのか?悩むことも多いですよね!

ルッツ

僕自身、結局画像サイズってどれぐらいがいいんだろう?って悩みましたが、最近は自分なりの答えでサイズを決めています。

そこでこの記事ではWordPressを利用したブログに最適な画像サイズの紹介と、圧縮して高速化する方法を紹介します。

ブログに最適な画像サイズが知りたい人、必見です。

目次(タップで移動できます)

【WordPress】ブログに最適な画像サイズはどれぐらい?【テーマ推奨に合わせるのが最適解】

WordPressのイメージ

まず結論から。

ルッツ

ブログに最適な画像サイズは、利用しているWordPressテーマに合わせるのが最適解です。

WordPressテーマは、おすすめの画像サイズを紹介していることが多いので、そのサイズに合わせるのが一番良いでしょう。

ただしテーマによっては、最適なサイズを紹介していない場合があります。

ルッツ

その場合は横幅が1,000px程度に調整すると、どのWordPressテーマを利用しても対応可能です。

と言うのもブログ本文の横幅は、ほとんどの場合600〜900pxの間で収まります。

それ以上のサイズにしてもブログの横幅に調整されてしまいます。

ルッツ

つまりブログに最適な画像サイズは、WordPressテーマに合わせるのが基本で、分からない場合は横幅1,000px程度にするようにしましょう。

関連記事

下記の記事では、ブログにおすすめのワードプレステーマを無料と有料に分けて詳しく解説しています。

関連記事【2022年版】ブログにおすすめのWordPressテーマ⑩選【無料/有料テンプレートを目的別に徹底解説】

【ブログ】WordPressテーマ別の最適な画像サイズを徹底解説【SWELL・The THOR・Diver】

それではWordPressテーマ別に最適な画像サイズを解説していきます。

ルッツ

最近人気のSWELL・The THOR・Diverのサイズを紹介していきます。

テーマ別の最適な画像サイズ
  1. SWELL⇒投稿記事なら1,200px、TOPページは1,600px程度がおすすめ
  2. The THOR⇒アイキャッチは推奨サイズが小さめで、それ以上の横幅1,200px程度がおすすめ
  3. Diver⇒テーマの設定によるが横幅1,000px程度がおすすめ

順番に解説します。

その① SWELL【投稿記事なら1,200px、TOPページは1,600px程度がおすすめ】

まず最初に最近人気が高まっているSWELLの画像サイズから解説していきます。

当ブログもSWELLを利用して作成しています。

ルッツ

SWELLは公式サイト上で推奨の画像サイズは解説されていません。

しかし公式サイト上で利用されている画像サイズ等を確認すると、下記のようになります。

SWELLにおすすめの画像サイズ
アイキャッチ・投稿記事内横幅1,200px
TOPページ横幅1,600px
ルッツ

上記のように投稿記事では1,200px程度、TOPページ等では1,600px程度を利用すると良いでしょう。

当ブログでは、横幅1,200pxになるように調整してアップロードしています。

関連記事【最強】SWELLを使って分かった評価レビュー【おしゃれなブログが作れるWordPressテーマ】

その② The THOR【アイキャッチは推奨サイズが小さめで、それ以上の横幅1,200px程度がおすすめ】

次に安定した人気を誇るWordPressテーマのThe THORの画像サイズを確認してきます。

ルッツ

The THORも公式サイト上で推奨の画像サイズは下記の通りです。

The THORにおすすめの画像サイズ
アイキャッチ・投稿記事内横幅760px
TOPページ横幅1,920px

アイキャッチの推奨サイズは小さめで、The THORのフォーラム上では、1,280 × 853pxが推奨されています。

ルッツ

長くThe THORを使うなら良いですが、他のテーマに乗り換えることを考えると横幅は1,200px以上にしたほうが良いでしょう。

関連記事【レビュー】THE THOR(ザ トール)の評判は?【初心者も企業サイトも簡単にデモサイトを再現可能】

その③ Diver【テーマの設定によるが横幅1,000px程度がおすすめ】

次にDiverのおすすめ画像サイズを紹介していきます。

ルッツ

Diverはテーマの設定で、アイキャッチ画像の表示サイズを変更することが可能です。

Diverの画像サイズ設定画面

そのためこの設定をどうするか?によっておすすめの画像サイズが変わります。

ルッツ

この設定を踏まえた上で、おすすめの画像サイズは下記の通りです。

Diverにおすすめの画像サイズ
アイキャッチ・投稿記事内横幅1,000px
TOPページ横幅1,400px
ルッツ

Diverの公式サイト上で画像サイズをチェックすると、このようになりました。

関連記事【WordPress】Diverはデメリットが多いとの評判は本当?【使って分かったテーマの感想まとめ】

【WordPress】ブログ画像を圧縮して高速化する方法【Sqooshがおすすめ】

【WordPress】

ブログ画像を圧縮して高速化する方法

次にWordPressを利用したブログ画像を圧縮して高速化する方法を紹介します。

ルッツ

画像を圧縮するならSquooshがおすすめです。

SquooshはGoogle純正の画像圧縮ツールで、きれいな状態の画像を軽く圧縮してくれます。

使い方も簡単で、ブラウザ上から簡単に圧縮することが可能です。

Squooshの使い方
STEP
公式サイトを表示する
【Squoosh】画像圧縮アプリの魅力とは?【Google純正でプラグインよりも優秀です】

まずSquooshをブラウザで開きます。

STEP
圧縮したい画像を選ぶ
画像圧縮アプリSquooshの利用方法

次に圧縮したい画像を選びます。

select an imageで画像を選んでも、画像をドラッグして持ってきてもOKです。

STEP
圧縮率やフォーマット形式などを選ぶ
画像圧縮アプリSquooshのサイズや圧縮率の調整画面

次に表示された画像を調整していきます。

Squooshは自動でも高画質に圧縮できますが、圧縮率を自由に調整できます。

ルッツ

さらにサイズの変更やフォーマット形式などの調整が可能です。

また、画像のサイズを変更できる点も大きなポイントで、サイズを小さくするだけでなく、大きくすることも可能です。

他の画像圧縮ツールやプラグインでは圧縮率を変えられないことが多いので、その点はメリットです。

STEP
圧縮した画像をダウンロードする
画像圧縮アプリSquooshのダウンロード画面

最後に画面の右下にあるダウンロードボタンを押すだけでOKです。

ルッツ

Squooshを利用すると、よく言われる200KB以下の容量まで簡単に圧縮できるのでおすすめです。

関連記事【画像圧縮ツール】Squooshがおすすめの理由とは?【使い方やメリット・デメリットを徹底解説】

まとめ

WordPressを利用したブログの最適な画像サイズはどれぐらいなのか?画像を圧縮してサイトを高速化する方法を解説しました。

ルッツ

ブログに最適な画像サイズは、利用しているWordPressテーマに合わせるのが最適解です。

WordPressテーマは、おすすめの画像サイズを紹介していることが多いので、そのサイズに合わせるのが一番良いでしょう。

ただしテーマによっては、最適なサイズを紹介していない場合があります。

ルッツ

その場合は横幅が1,000px程度に調整すると、どのWordPressテーマを利用しても対応可能です。

また画像を圧縮するならSquooshがおすすめで、きれいな状態で軽く圧縮することが出来ます。

ブログに利用する画像サイズをキレイに整えると、見栄えも良くなりますよ!

是非参考にしてみてくださいね!

関連記事【結論】ブログの収益化は難しい?【原因と初心者が稼ぐための秘訣を徹底解説】

目次(タップで移動できます)