MENU
2021年大注目ランキング

【Squoosh】画像圧縮アプリの魅力とは?【使い方や注意点も】

【Squoosh】画像圧縮アプリの魅力とは?【使い方や注意点も】

この記事は画像圧縮アプリSqooshの魅力について解説している記事です。

画像圧縮アプリのSquooshが評判が良いみたいで興味があるんだけどどうなのかな?使い方や注意点が知りたいな!

と言う疑問に答えます。

WordPressで利用する画像が重いと表示スピードが遅くなり、SEO上デメリットも多いですよね!

ルッツ

僕自身、画像圧縮アプリを様々利用してきましたが、最近はSquooshのみを利用しています。

と言うことでこの記事では、画像圧縮アプリSquooshの解説や使い方について解説していきます。

画像圧縮アプリSquooshに興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【Squoosh】画像圧縮アプリの魅力とは?【Google純正でプラグインよりも優秀です】

【Squoosh】画像圧縮アプリの魅力とは?【Google純正でプラグインよりも優秀です】

Squoosh公式サイト

まず結論から。

ルッツ

SquooshはGoogle純正の画像圧縮アプリで、プラグインよりも優秀な点が魅力です。

フリー(無料)の画像圧縮アプリで、使い方も簡単で難しくありません。

また画像の圧縮性能も高く安心して使えるので、プラグインを利用して圧縮するよりも安心感もあります。

ルッツ

また画像圧縮だけでなく、ファイル形式の変換や画像サイズも変えられます。

しかも画像圧縮はローカル環境で行われるので、外部で処理するより安心感が高いです。

Image compression is handled locally; no additional data is sent to the server.

Squoosh – Privacy

そのため画像圧縮アプリのとして、現状では一番オススメできるツールだと言えます。

【Squoosh】画像圧縮アプリの使い方【簡単操作で圧縮出来ます】

それでは順番に画像圧縮アプリのSquooshの使い方を解説していきます。

ルッツ

使い方は下記の④つのステップで完了です。

STEP
公式サイトを表示する
【Squoosh】画像圧縮アプリの魅力とは?【Google純正でプラグインよりも優秀です】

まずSquooshをブラウザで開きます。

STEP
圧縮したい画像を選ぶ
画像圧縮アプリSquooshの利用方法

次に圧縮したい画像を選びます。

select an imageで画像を選んでも、画像をドラッグして持ってきてもOKです。

STEP
圧縮率やフォーマット形式などを選ぶ
画像圧縮アプリSquooshのサイズや圧縮率の調整画面

次に表示された画像を調整していきます。

Squooshは自動でも高画質に圧縮できますが、圧縮率を自由に調整できます。

ルッツ

さらにサイズの変更やフォーマット形式などの調整が可能です。

また、画像のサイズを変更できる点も大きなポイントで、サイズを小さくするだけでなく、大きくすることも可能です。

他の画像圧縮ツールやプラグインでは圧縮率を変えられないことが多いので、その点はメリットです。

STEP
圧縮した画像をダウンロードする
画像圧縮アプリSquooshのダウンロード画面

最後に画面の右下にあるダウンロードボタンを押します。

ルッツ

変換してダウンロード出来るフォーマットには下記があります。

変換できるフォーマット

PEG/PNG/MozJPEG/WebP/JPEG2000/TIFF/BMP/PDF/GIFなど。

注意!ブラウザによって利用できるフォーマット形式が異なります。

ルッツ

注目はWebPで、Googleの評価も高い圧縮形式です。

あとは画像をダウンロード出来るので、後はブログに貼り付けるだけです。

このようにSquooshの使い方は、非常に簡単で特に迷うことは無いはずです。

【Squoosh】画像圧縮アプリの注意点【②つのポイント】

次に画像圧縮アプリのSquooshについて、注意点を解説します。

ルッツ

特に下記のポイントが重要です。

Squooshのメリット&デメリット
  1. スマホからでも画像圧縮が出来る
  2. 複数一括圧縮が出来ない点がデメリット

順番に解説します。

その① スマホからでも画像圧縮が出来る

SquooshはPCからの画像圧縮だけでなく、スマホからも圧縮出来ます。

ルッツ

基本的にはPC用と同じように利用できて、スマホでSquooshを表示して、画像を選ぶだけです。

唯一違うところは、マウスを押したまま移動できる”ドラッグ&ドラッグ”を利用できないくらいでしょう。

ブログ運営ではパソコンを利用している人が多いと思いますが、スマホでも利用できる点は大きな魅力だと思います。

その② 複数一括圧縮が出来ない点がデメリット

Squooshの唯一のデメリットは、複数の画像を一括で圧縮できない点です。

ルッツ

1枚ずつ圧縮しなければならないので、大量の画像を圧縮したい時は向いていません。

ブログで使用している画像全てを再圧縮するなどの用途には向いてませんが、1つの記事で利用する画像だけなら、それほど手間ではないかな?と思います。

圧縮率やサイズ変更が可能な分だけ、複数枚の画像を圧縮出来ないんだと思います。

ルッツ

その点にだけ注意すれば、問題なく利用可能です。

まとめ

画像圧縮アプリSquooshの魅力について解説しました。

ルッツ

様々なフォーマット形式や圧縮率を変えられる手軽さと、圧縮後の画質がきれいな点が魅力です。

プラグインなどを利用して自動で圧縮するのも手軽ですが、個人的にはSquooshを使ったほうが満足度が高いです。

総合的に満足度が高いので、最近はプラグインを使用せずSquooshばかり使ってます。

ルッツ

使い方も簡単で、流れ作業で圧縮出来る点も魅力です。

STEP
公式サイトを表示する
【Squoosh】画像圧縮アプリの魅力とは?【Google純正でプラグインよりも優秀です】

まずSquooshをブラウザで開きます。

STEP
圧縮したい画像を選ぶ
画像圧縮アプリSquooshの利用方法

次に圧縮したい画像を選びます。

select an imageで画像を選んでも、画像をドラッグして持ってきてもOKです。

STEP
圧縮率やフォーマット形式などを選ぶ
画像圧縮アプリSquooshのサイズや圧縮率の調整画面

次に表示された画像を調整していきます。

Squooshは自動でも高画質に圧縮できますが、圧縮率を自由に調整できます。

ルッツ

さらにサイズの変更やフォーマット形式などの調整が可能です。

また、画像のサイズを変更できる点も大きなポイントで、サイズを小さくするだけでなく、大きくすることも可能です。

他の画像圧縮ツールやプラグインでは圧縮率を変えられないことが多いので、その点はメリットです。

STEP
圧縮した画像をダウンロードする
画像圧縮アプリSquooshのダウンロード画面

最後に画面の右下にあるダウンロードボタンを押します。

ルッツ

変換してダウンロード出来るフォーマットには下記があります。

変換できるフォーマット

PEG/PNG/MozJPEG/WebP/JPEG2000/TIFF/BMP/PDF/GIFなど。

注意!ブラウザによって利用できるフォーマット形式が異なります。

ルッツ

注目はWebPで、Googleの評価も高い圧縮形式です。

あとは画像をダウンロード出来るので、後はブログに貼り付けるだけです。

もちろん複数枚の画像を一括で圧縮出来ないなど、デメリットもあります。

ルッツ

Google純正ツールの安心感もありますし、使い勝手が良い画像圧縮ツールだと思います。

使い方も手軽なので、ぜひ試してみてくださいね!

目次(タップで移動できます)
閉じる