MENU
ルッツ
このブログの監修者
Webサイトの制作や集客を中心に活動するWebフリーランスです。

すぐ出来るSEO対策やアフィリエイトのやり方や、ブログを収益化するためのSEOやアフィリエイトを中心にWordPressの情報を詳しく解説します。

【初心者向け】ブログのキーワード選定で失敗しない方法【おすすめツールと簡単な入れ方を徹底解説】

【初心者向け】ブログのキーワード選定で失敗しない方法【おすすめツールと簡単な入れ方を徹底解説】

この記事は、主に初心者向けにブログのキーワード選定で失敗しない方法を紹介している記事です。

ブログのキーワードってどう選定すればいいのかな?簡単な入れ方やおすすめのツールがあれば知りたいな!

と言う疑問に答えます。

ブログ初心者にとって、キーワード選定の方法やどうやってキーワードを入れればいいのか?ってかなり難しいですよね!

ルッツ

僕自身、ツールを使って試行錯誤した結果、やっと自分なりのキーワード選定の方法や入れ方が分かるようになってきました。

そこでこの記事では、ブログのキーワード選定で失敗しない方法や簡単なキーワードの入れ方、おすすめツールを解説していきます。

ブログのキーワード選定で悩んでいる人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【初心者向け】ブログのキーワード選定で失敗しない方法【正確に探すことが大切です】

【断言】ブログは日記代わりになる?【十分に使えてメリットも多い】

まず結論から。

ルッツ

ブログのキーワード選定で失敗しないためには、正確にキーワードを探すことが大切です。

と言うのも、以前の検索エンジンは似たようなキーワードでも拾って上位表示してくれることがありました。

しかし現在は、正確にキーワードを選定しないと上位表示出来ないことが多いです。

以前のキーワード選定
現在のキーワード選定
  • キーワードの意味合いが似ていれば上位表示ができた
  • 検索窓に入力したキーワードと同じでないと上位表示しにくい

このように現在のブログ運営では、どの文字がキーワードとして多く利用されているのか?という事を把握する必要があります。

ルッツ

つまりブログのキーワード選定で失敗しないためには、後で紹介するツールなどを利用して正確に探す必要があるんです。

【初心者向け】ブログのキーワード選定におすすめのツールとは?【RankTrackerがおすすめです】

それでは、どのようにキーワードを探せばいいのか?ということを解説していきます。

ルッツ

キーワードを探すには、主に下記のようなツールがよく利用されます。

キーワード選定におすすめツール
  1. ラッコキーワード⇒無料ツール。サジェストワードも一括で取得可能
  2. キーワードプランナー⇒Google純正ツール。正確に検索ボリュームを知るにはお金がかかる
  3. Rank Tracker⇒一番おすすめのツール。幅広い方法でキーワードを探せる

順番に解説します。

ラッコキーワード【サジェストワードも一括で取得可能な無料ツール】

ラッコキーワード【サジェストワードも一括で取得可能な無料ツール】

まず最初に紹介するのがラッコキーワードです。

ルッツ

ラッコキーワードは、キーワードを入力するとサジェストワードを一括で取得することが出来ます。

サジェストワードのイメージ

サジェストワードとは、検索窓にキーワードを入力した後に表示されるキーワード候補のこと。

サジェストワード見ると入力する手間が省けるので、そのキーワードの文字が検索されることが多いです。

ルッツ

そのサジェストワードを一括で取得できるのがラッコキーワードです。

ラッコキーワードの利用イメージ
ルッツ

このように、よく利用されているキーワードを簡単に調べることが出来ます。

\\サジェストワードを簡単に調べられる//

ー公式サイトはこちらからー

キーワードプランナー【Google純正ツール。正確に検索ボリュームを知るにはお金がかかる】

キーワードプランナー【Google純正ツール。正確に検索ボリュームを知るにはお金がかかる】

次に紹介するのがGoogle純正ツールのキーワードプランナーです。

ルッツ

ラッコキーワードでは、多くのサジェストワードが取得できますが、検索ボリュームまではわかりません。

どれぐらい検索されているのか?を確認するには、キーワードプランナーを活用します。

キーワードプランナーの入力画面
ルッツ

ラッコキーワードで取得したキーワードを入力するだけで、検索ボリュームを確認することが可能です。

キーワードプランナーの検索ボリューム確認画面
ルッツ

細かい検索ボリュームは課金しないとわかりませんが、キーワードを把握するのには十分です。

\\検索ボリュームを簡単に調べられる//

ー公式サイトはこちらからー

Rank Tracker【一番おすすめのツール。幅広い方法でキーワードを探せる】

最後に紹介するツールがRankTrackerです。

ルッツ

元々Rank Trackerはキーワードの順位をチェックするツールですが、キーワードを調べることも可能です。

記事作成前のキーワードの難易度チェック

Rank Trackerを利用するとサジェストワードもチェックできて、検索ボリュームも確認できます。

ルッツ

複数のツールを併用すると手間が増えますし、最近はRank Trackerでキーワードを探して記事作成、その後の確認まで全て済ませています。

有料ツールですが、様々な用途に利用できるので、本格的にブログ運営に取り組むならぜひとも利用しましょう。

\\SEO順位チェックツール//

ー無料ダウンロードはこちらからー

関連記事【SEOツール】RankTracker(ランクトラッカー)で何が出来る?【無料版でも可能な使い方や料金、注意点】

【初心者向け】ブログにキーワードの簡単な入れ方【SEO対策上では4つのポイントがある】

最後に選んだキーワードをどのようにブログに入れ込めばよいのか?について解説します。

ルッツ

SEO対策を意識してブログにキーワードを入れるなら4つのポイントがあります。

選定したキーワードの入れ方
  1. 記事タイトル⇒重要なキーワードほど文頭に置く
  2. H2見出し⇒記事タイトルと合わせて、不自然な入れ方をしない
  3. メタディスクリプション⇒記事の要約とセットで入れる
  4. 本文の中⇒キーワードを入れながら共起語を入れる

順番に解説します。

記事タイトル【重要なキーワードほど文頭に置く】

記事タイトル

【重要なキーワードほど文頭に置く】

まず選定したキーワードは、記事タイトルに必ず記載しましょう。

ルッツ

最初に解説したように、最近はキーワードをはっきり入れないと評価が上がりません。

そのため重要なキーワードほど文頭に置きつつタイトルを作成するのがおすすめです。

記事タイトルの付け方
  1. 文頭に置く⇒重要なキーワードほど文頭に置くと記事の内容が分かりやすくなる
  2. タイトルの文字数⇒30文字前後にまとめるのが定番
ルッツ

文頭に重要なキーワードを配置すると、どのような内容の記事なのか?イメージしやすいですし、初心者の方は作成時も書きやすいでしょう。

さらにタイトルの文字数は30文字前後が定番です。

個人的には、主語と述語(英語で言う所の第一文型S+V)がシンプルな方が成績が良いです。

ルッツ

読みやすい文章の前後に【】等で装飾を置くと、さらに良いでしょう。

H2見出し【記事タイトルと合わせて、無理やり入れ込まない】

H2見出し

【記事タイトルと合わせて、無理やり入れ込まない】

次に選定したキーワードは、H2見出しにも入れるようにしましょう。

ルッツ

記事タイトルと合わせて、無理やり入れ込まない点がポイントです。

H2見出しの付け方
  1. 記事タイトルを解説するイメージでH2見出しにキーワードを入れる
  2. 不自然な文章にならないようにキーワードを自然に入れる

記事タイトルに入れたキーワードの解説ですよ!というイメージでH2見出しを利用すると記事が作りやすくなります。

また不自然な文章にならないように、自然にキーワードを入れましょう。

ルッツ

初心者の方が失敗しやすい点は、キーワードを入れすぎて不自然な文章になることです。

H2見出しは記事の目次に利用されることが多いので、目次を読んだだけで内容が分かるように付けるのがポイントです。

一方で、H3見出しにまで記事タイトルと同じキーワードを入れると、読みにくいので控えたほうがようでしょう。

ルッツ

目次も結構読まれるので、しっかりと付けるのがおすすめです。

当ブログで利用しているSWELLと言うテーマでは、プラグインを利用せずに目次を作成可能です。

関連記事【最強】SWELLを使って分かった評価レビュー【おしゃれなブログが作れるWordPressテーマ】

メタディスクリプション【記事の要約とセットで入れる】

メタディスクリプション

【記事の要約とセットで入れる】

また選定したキーワードはメタディスクリプションに入れるのがポイントです。

メタディスクリプションとは、検索エンジンの検索エンジンでタイトル下に表示される説明文のこと

ルッツ

メタディスクリプションには記事の要約と共にセットで入れるのがおすすめです。

メタディスクリプションの付け方
  1. 記事の内容を要約して記載する
  2. キーワードを入れ込む
  3. 100文字前後で簡潔に作成する

一番のポイントはキーワードを入れ込むことです。

ルッツ

キーワードと一致するメタディスクリプションは太文字で強調される場合があります。

そのため、記事タイトルに入れたキーワード以外のキーワードも入れ込むと良いでしょう。

メタディスクリプションはWordPressテーマ本体で設定可能な場合と、プラグインを利用する場合があります。

ルッツ

テーマが設定可能な場合は手軽ですが、SEO SIMPLE PACKなど軽いプラグインも出てきたので、好みで選ぶと良いでしょう。

関連記事【2022年版】ブログにおすすめのWordPressテーマ⑩選【無料/有料テンプレートを目的別に徹底解説】

本文の中【キーワードを入れながら共起語も入れる】

本文の中

【キーワードを入れながら共起語も入れる】

最後に選定したキーワードを本文に入れる方法を解説します。

ルッツ

本文には選定したキーワードを入れながら共起語も入れるのがポイントです。

共起語とは、キーワードと一緒にセットで使われることが多い言葉のこと

自分の中に知識がある記事を作成するときは、自然に共起語がイメージ出来るので深みのある記事が作成できます。

しかしアフィリエイトなどの場合、知識がなく共起語がわからない場合もあるでしょう。

ルッツ

その場合は共起語検索と言うツールを活用しましょう。

共起語検索のイメージ
ルッツ

共起語を入れずに記事を作成すると、内容が浅くなりやすいので、不安な場合はしっかりと利用しましょう。

関連記事【悲報】アフィリエイトはやめとけ!と言われる理由とは?【稼げない原因と収益化の解決策を徹底解説】

まとめ

ブログのキーワード選定で失敗しない方法とおすすめツール、簡単な入れ方を解説しました。

ルッツ

ブログのキーワード選定で失敗しないためには、正確にキーワードを探すことが大切です。

現在は、正確にキーワードを選定しないと上位表示出来ないことが多いです。

以前のキーワード選定
現在のキーワード選定
  • キーワードの意味合いが似ていれば上位表示ができた
  • 検索窓に入力したキーワードと同じでないと上位表示しにくい
ルッツ

そのため下記のツールを利用しつつ、しっかりとキーワードを選定しましょう。

キーワード選定におすすめツール
  1. ラッコキーワード⇒無料ツール。サジェストワードも一括で取得可能
  2. キーワードプランナー⇒Google純正ツール。正確に検索ボリュームを知るにはお金がかかる
  3. Rank Tracker⇒一番おすすめのツール。幅広い方法でキーワードを探せる

一番おすすめなのがRank Trackerで、有料ツールですが様々な機能があるので非常に便利です。

ツールを利用して、キーワードを選定したら、下記のポイントに合わせてキーワードを記事に入れ込みましょう。

選定したキーワードの入れ方
  1. 記事タイトル⇒重要なキーワードほど文頭に置く
  2. H2見出し⇒記事タイトルと合わせて、不自然な入れ方をしない
  3. メタディスクリプション⇒記事の要約とセットで入れる
  4. 本文の中⇒キーワードを入れながら共起語を入れる
ルッツ

SEO対策を考えながら記事を作成するのは、初心者の方には結構大変かもしれません。

しかし順番に行えば、必ず良い記事が作成できますよ!

是非参考にしてみてくださいね!

\\SEO順位チェックツール//

ー無料ダウンロードはこちらからー

目次(タップで移動できます)